スタッフブログ

辻 智史

シトロエンとトタル

[2018/10/30]

スタッフ:
辻 智史
カテゴリー:
シトロエンについて
エンジンオイルなどで有名な会社のTOTAL/トタル。
シトロエンとのパートナーとして欠かせない存在です。

で、トタルから届いたこちらの箱。
可愛いんですけど、開けてみると・・
ブリキ製看板?
のようなものが入っていました。

オイルの看板にしてはデザインが優れすぎています!
個人的にはZXラリー(黄色のね)が神々しい!
家に持って帰りたいくらい・・

CITROEN prefers TOTAL
シトロエンはトタルオイルで開発しているので、
オイル交換の際はトタル・オイルをお選びください!

余談ですけど、
オールド・シトロエンファンには、
シェブロンマークとトタルのダブルネームのステッカーが懐かしく思われるんじゃないでしょうか?
リアガラスに貼ってあったけど現在はないんですよね~。

では、また。










辻 智史

そういえば・・② 2CVの誕生から70年。

[2018/10/27]

スタッフ:
辻 智史
カテゴリー:
シトロエンについて
今年はシトロエン2CVの誕生から70年。
70年前といえば、1948年で、それから1990年まで生産していました。
日本車のライフスパンで考えりゃ、クレイジーなクルマです。

今年は各地でパレードなんかも行われていると思うんですが、
威圧感の無いクルマなんで団体さんで走っていても「ほほえましい」のが特徴。
シフトもマニュアルのみですが、
「フィ~ン・・ガチャン・・」とシフトチェンジしてトコトコ走るのも、のどかで良い感じ。
当然ながらエアコンなんて無いです。
でも、今でも愛されているクルマ。

話は飛んじゃいますが、
一時期、日本でも抽選販売していたC4カクタスって現代の2CVっぽく感じました。
軽くて乗り心地も良いし、なによりユニーク。
そして、なんとなくエンジニアさんのこだわりも感じられます。


こちらも、
オーナーさん達に愛されているのは一緒です。
皆さん楽しそうで、嬉しく思います。

来年はシトロエンの100周年です。
なんかビックリするようなクルマが出てきたら楽しんですけどね~。

では、また。

辻 智史

そういえば・・

[2018/10/21]

スタッフ:
辻 智史
カテゴリー:
シトロエンについて
この前、久々にシトロエンGSを見ました。
今見ても存在感は充分です。

何度か運転したことはありますけど、
冬場はギヤオイルが固くシフトチェンジが大変(セミオートマの仕様)。
暖まるまで「ガツンッ」ってシフトレバーを入れ込むんですけど、
この一撃で「壊れるんちゃう??」と何度も思いました。
でも、ハイドロ特有のちょっとした浮遊感もあってご機嫌なんですよねコレが!

他の個体は知りませんが、なんだか当時の思い出がよみがえりました。
シトロエンは大昔のモデルも結構現役で走っています。
オーナーさん達が楽しそう!なのも特徴ですね。


そういえば・・
以前のシトロエン京都でフランスから直輸入したことがあるAmi6。
今頃、どうしてるんだろ??

では、また。

辻 智史

今見ても「かっこよろしいですね!」

[2018/09/21]

スタッフ:
辻 智史
カテゴリー:
シトロエンについて
今見ても「かっこよろしいですね!」
昔あったXmのコンセプトモデル??

ちなみにXmのおしりはこんな感じ。

秘密結社なるものが、実在するなら移動のクルマはこれでしょう?
というくらい、独特の存在感があるXmです。
(但し、ボディカラーは白/黒限定で・・)

DS-CX-XM-C6とシトロエンのフラッグシップモデルは続いていきましたが、
C6の後は休憩中??
はやく、ビッグ・シトロエンが復活してほしいですね!
では、また。

辻 智史

minority

[2018/04/05]

スタッフ:
辻 智史
カテゴリー:
シトロエンについて
日本では国産車がほとんどで、
シトロエン&DSは少数派(minority)です。

独創的すぎる??デザインなどでお客様を選んじゃっているところもありますが、
少数派(minority)だから好き!って方もおられますよね~。
お気持ちはよくわかりますけど、お仕事の関係上でいうと微妙なとこです・・

退屈な多数派(majority)よりはいいんじゃない?って思いますけど、
皆さまはどうです?




Green Day - Minority [Official Music Video]
久々に聞きたくなっただけです・・
すいません。

マイノリティにかけました、
ちょと現実逃避なブログでした~

今度の週末は、ご納車が多く混雑も予想されますが、
何卒、よろしくお願いします。